So-net無料ブログ作成
検索選択
日々の授業 ブログトップ
前の10件 | -

調べ学習は難しい? [日々の授業]

リビングデザイン
前回の続きで、設定したテーマに従って調べ始め。
図書館の本と、私が市立図書館で借りてきた本と私の手持ちの本、ネットのいずれかを使って調べてもらった。
本で調べ始めるが、ネットに移行する生徒たち。
調べたものをワークシートに書き出すのを嫌がり、いきなりまとめのシートに書きたがる生徒。
調べそのものを嫌がる生徒。
情報の選び方、まとめ方、うまくいくようにしっかり考えていきたい。

へのへのもへじ [日々の授業]

家庭基礎。
人の一生の流れを見て、五つの自立の概要の説明まで。
平均寿命と平均余命の話などをした後、ライフサイクルと各段階での発達課題を見ていった。
板書しながら、ふと、グラフィック・ファシリテーションの講座子どもとか大人とかの描き方教わったなぁ、と思い、急きょ休憩時間をとって準備室へ。
荷物の中に講座の時に描いた絵があるので、探し出して教室に戻り、板書した表の横に各段階にあてはまる(はずの)絵を描いていった。
DSC_3435.JPG
見ていた生徒が、「おじいさんいいねぇ、おでこのしわが」などと言っている。
そして、若い男の人を描き出したところで、「へのへのもへじ描いて~」とリクエスト。
輪郭と髪は描いてしまった後だったので、目と鼻と口だけ描いた。

リビングデザインは前日と同じく、調べについてのテーマ設定と説明。
スクリーンを黒板の端に貼ったら、生徒たち、見にくそうだった。
でも、真ん中に貼ると板書がまとまらないし…。悩みどころだ。
DSC_3436.JPG
DSC_3437.JPG

フードデザインは食の現状と問題点から味についてまで。
調理の定義を話す時に、「釣ったばかりの魚、そのまま食べないよね?」と生徒に聞いたら、
釣りたての魚、そのまま食べるよ」と言われ、
「うん、食べない」という返事を想定し、「だから洗ってさばいて切るとかして食べるよね?」とつなげるつもりだった私はプチパニック。
(ここでは、そのままだと食べられない食品を、洗う、着るなどの操作(=調理)をすることで食べられる状態にする、という説明をするための例として話をした。)

調理の意義の話の中で、「畑から抜いたばかりの大根、食べてって言われて渡されたら食べる?」と聞いたら
「うん、食べない」と返ってきたので、「なぜ?」と聞き返したら
「だって、キレイじゃないじゃん」という答えがきた。
汚れや危険なところを取り除いて安全な食べものにする、というところにつなげられて一安心。
DSC_3441.JPG
終了後、少しだけプリントチェック、そして、月曜のプリントの準備など。
金曜の授業がない私は、月曜の授業の次がまた月曜の授業。
ちょっとしんどいけれどやるっきゃない。

図書館教育のにおいをプンプンさせて [日々の授業]

今日はリビングデザイン
次回から本を使っての調べに入るので、ひさびさに図書館教育モード全開。
パソコンと実物投影機とプロジェクタをつないでの授業。

まずは教科書の内容を見てのテーマ設定から。
教科書の章または節を大テーマ、大見出しまたは小見出しを中テーマ、キーワードを小テーマ、とイメージさせ、決めてもらった。
その後は調べるツールの話、分類の話、百科事典の使い方、調べる時の注意点などなど。
請求記号の説明もした。
三桁の説明は、これからのメインでなるにあろう、「520」の周辺を使った。
次回から図書館づめでの調べ。
うまく進みますように。
DSC_3420.JPG

2週めスタート [日々の授業]

フードデザインの授業に行ったら生徒が先週の半分しかいない。
しかも、前の生徒がごっそり休み、後ろのにぎやかな生徒が残っている。
前回の続きからプリントを進めていったが、「書く量が多い」と文句を言う。
プリントに穴埋めさせているだけ、板書したものをノートに書かせていた以前の学校のころよりかなり減らしている。
授業は食べることの意義、食生活の現状と課題、調理の意義、おいしさの要素と基本の味まで。
もう少し進めたかった…。
IMG_7643 (1024x765).jpg

フードデザイン演習はフードデザインでも扱った食事摂取基準をおさらいしつつ少し詳しく説明し、自分の摂取基準を拾い出して書いてもらった。
脂質と炭水化物の摂取基準はエネルギー比の%で出ているので、重さに直すための計算をステップごとに説明。
食品群別摂取量のめやすの自分の数字も書いてもらった。
これをもとにしていよいよ来週は栄養価計算と食品群分け、行きますよ~。

ファッションデザインは装いの力を感じてもらいたいので、去年放送された「助けて!きわめびと」の政近準子さんの回の映像を見てもらう。
スマホのワンセグで録画したもの、パソコンに転送できなかったのでスマホを実物投影機で拡大して映した。
少し画像がボケ気味で写ってしまうのは残念だけどしかたない。
内容をまとめたプリントとともに進めた。
最初は途中で止めつつプリントを書いてもらっていたが、生徒から「通しで見て後からプリント書きたい」と言われたのでそのように進める。
プリントまで何とか時間内に収めることができて一安心。
装力講座で学んだことは、この授業にどんどん取り入れていきたいと思う。

はじめは大事 [日々の授業]

今日は家庭基礎、リビングデザイン、フードデザイン。

家庭基礎は高校の家庭科を初めて学ぶ生徒を対象にしているので、二時間かけて授業時のルール、単位の修得について、家庭科とはどんな教科か、授業を通してめざすこと、一年間で学習すること、などをきっちりと、丁寧にガイダンスする。
その前に被服実習に使う基礎縫いエプロン注文の説明。
色はプリントに印刷してあるものを見て決めてもらおうと思っていたが、実物の色が見たいという声が多く、急きょ在庫から各色の実物を出して見せる。

リビングデザインは昨日とほぼ同じ。
三年連続担当する、授業中によく寝る生徒×2が、初回から堂々と寝ている。
もちろんまめに起こしに行くが、びくともしない。
叩き起こしたいが、やると「体罰」になってしまうからなぁ…。
間取り図を見て住空間を色分けしてもらった。色鉛筆を足りるかヒヤヒヤしながら分けたら人数ぴったりで一安心。

image-20160426201439.png

フードデザインはガイダンスと食べることの意義。
食べることの意義は月曜のクラスよりもたくさん進むことができた。
授業開始時には二人いなかったが、少し遅れて教室に来たので、全員そろって授業ができた。
image-20160426201504.png

金曜日は授業がないので、最初の1週間の授業はこれで終わり。
例年、最初から来ない生徒は何人もいるが、私の授業では3人以上欠席した集団がなかった。
ようやく帳簿系のメドをつけたので、少しずつ提出物のチェックを始めた。

絵で表現するのは難しい…、けれど。 [日々の授業]

今日の授業はリビングデザイン
オリエンテーションだけでは2コマ持たなそうな気がして、急きょプリントを一枚作った。
結果、作って正解だった。

オリエンテーションの年間授業予定の説明では、
家に関することについてテーマを設定して調べてまとめたり、
間取り図の読み方描き方、模型作りをやるよ、と言った。
正直、どれも拒絶反応がたくさん出るのではないかと不安だった。
しかし、授業後に集めたプリントのコメントを見たら、
発表するのは嫌だ、という声がいくつかあったものの、
調べたり描いたり作ったりということには拒絶反応はなく、むしろ楽しみにしている、というコメントが多くて
少し意外に思いつつも一安心。

その後は住居の意義、家の中の空間の説明と間取り図を見て空間の分類。
住居の意義を絵も取り入れつつ板書した。
しかし、普段絵を描くのは超苦手な私。
言いたいことを絵でうまく表現できないもどかしさを感じた。
でも、描けそうなときは無理矢理でも絵を描いていこうと思う。

image-20160426004718.png

教科書は…捨てちゃだめ!なのに…。 [日々の授業]

火曜日はフードデザイン演習2コマのみ。
生徒は昨日の昼間の同じ授業より多い。
この科目は「フードデザイン」の延長線上に位置づけられていて、「フードデザイン」の教科書をそのまま使用する。
だから、教科書は捨てないように、前年度の授業中にも、科目説明の時にも指示を出してあった。
それなのに、授業中に「教科書持っているよね?」と確認したら、
ほぼすべての生徒が「捨てた!!!」と即答。
来週の教科書販売で買い直すよう指示を出す。

授業はオリエンテーションと復習テスト。
やはり、食品の容量と重量が身についていない生徒が多い。
image-20160426001818.png

年間授業予定を説明していったら、予想より調理実習が少なかったらしく、がっかりしていた生徒もいた。
こちらからメニューを出しての実習が少ないだけで、
みなさんにはメニューを考えてもらって、それを作っていきますから…。

平成28年度スタート [日々の授業]

いよいよ今年度の授業が始まった。
月曜なので6コマ。
最初の授業はフードデザイン
受講者が定員いっぱいで、後ろがうるさくてめっちゃやりにくい。
オリエンテーションをしてから少しだけ本編へ。
少しだけ、苦手の絵も描いてみました。
image-20160424012701.png

次はフードデザイン演習。
全員去年教えた生徒なので、自己紹介なしでオリエンテーション。
そのあと、何度テストに出してもできない、基本事項の確認。

最後はファッションデザイン。
少しのんびりめにオリエンテーション。
約2ヶ月ぶりの授業はやっぱり体力使う…。

マカロニサラダ [日々の授業]

フードデザイン(2時間続き)が2集団。
どちらもテスト返し→きゅうりの半月切りの実技テスト→切ったきゅうりを使ってマカロニサラダ
マカロニサラダにはきゅうりとマカロニとハムを入れた。

最初の集団では、火曜日に買ってきた生協の無塩せきハムを出した。
できたサラダを食べた生徒のコメント
「ハムの味がしない。」
ハムの味がしない??!!!
そんな馬鹿な、とも思ったが、
それだけ生徒たちは添加物を使ったものの味に慣れているんだろう。

次の集団には、生協のハムと、添加物の入っている某メーカーのハムを並べて出し、
どちらを使うか生徒たちに選ばせた。
生徒たちは「こっちがほんとのハムの色だ」と言って、某メーカーのものを選んだ。
そうか、発色剤できれいにピンクの出たあの色に目が慣れているから、
あれがハムの色だと思うのね。

ショックが大きくてしばらく立ち直れなかった。
確かにだしの飲み比べしても、一番おいしいのは「だしの素」だと言うし…。

何とか添加物に頼らない本物の味を感じてほしい。
さて、どう仕掛けようか…。

たけのこごはん [日々の授業]

昨日買ったたけのこリュックに背負って出勤。学校に着き、荷物をそろえて調理室へ。
たけのこの上を斜めに切る。しかし、包丁の切れ味がよくなく、思った以上に手間取る。縦の切り込みもうまく入らない。鍋にたけのこ、水、ぬか、とうがらしを入れ、火にかける。42cmの大鍋を使ったせいか、沸騰するまでに時間がかかる。沸騰直前だが、打ち合わせとホームルームに行くため、火を止めて一時中断。一限めが始まる頃再開。二限の始まるギリギリまで茹で、火を止めて授業へ。終了後、米を取りに行き、米を研ぐ。四限は再び授業で、終了後準備作業再開。
そして、実習開始。5分短縮なので時間が足りるか心配だったが、何とか完成。片付けもほぼ時間内に終わらせることができた。少しえぐみが残ってしまったが、生徒たちが喜んでくれたので。よしとしよう。
前の10件 | - 日々の授業 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。